ブログアフィリ

毎日同じで成長がない。退屈でつまらない。私の人生こんなもんか。

投稿日:

こんにちは、みろくです。

「毎日毎日同じことしていて、
 何にも変化がない」

「成長している感じがない」

「お金も時間もなくて、
 これが私の人生なんだと諦めつつある」

こんな風に思ったことありませんか?

もしそうだとしたら、
何か新しいことに挑戦してみませんか?

周りの環境、周りの人を
変えることは難しいですが、
自分を変えるのは今日からできます。

自分の人生を変えたければ、

・自分の考え方を変えて、
・自分の行動習慣を変えて、
・自分の生活を変えて、
・自分の人生を変えて、

生かなければなりません。

毎日同じことをしていたり、
変わらない考え方・生活で生きていくことは、
何の変化も生まれない、
そのままの人生になってしまう
ということです。

よく「3日坊主」と言いますが、
これは
-----
考え方を一瞬変えられたのだけど、
行動習慣も3日間だけ変えられたけど、
無理だった。
-----
ということです。

こうなろう!とか、
こんなことしたい!って
情熱的に思ったことが消えてしまうんですね。

ちょっと過去の話をしますが、
私は、サラリーマンの時は
営業をしていました。

忘れもしません。

新卒入社して、
ワードとか社会人マナーとか一般的な
研修期間が数日くらいあって、
その後めでたく部署に配属された時のことです。

まず、希望していた企画営業の部署とは違う、
テレアポ新規営業の部署に配属されました。
(その日に知りました)

いきなりトークスクリプトと
電話番号のリストを渡されて、
「上から順に電話しろ」
と言われました。

・・・え?

いやいや、コールセンターに
就職したつもりはないんだけど・・・

電話しろって、
商品のこととか全然知らないのに・・・

配属当日にいきなり?

結構期待して入った会社だったので
配属先を聞かされた時から
すでに狼狽していて、
連続ショッキングだったのですが、

横で上司と先輩がじっと見つめるので、
逃げられないので、
受話器に手を伸ばし、
ダイヤルしました。

心臓はバクバクで、
「お世話になります」とかそんなセリフも
その時初めて口にしたくらいの状態で、
手も声もブルブル震えてました。

ろれつも回ってなくて、
噛みまくってました。

完全に不審電話です(笑)

電話相手は、
不審な感じで断ってくる人もいれば、
(あ、新人かな?)みたいに気づいて
優しくしてくれる人もいました。

ダイヤルするたびに恐怖で、
「すぐ断って切ってくれ〜」
と思っていました。

電話したくなくて、
リストの会社のサイトを調べているふりをして
無駄に時間稼ぎしました。

あとどのくらいの時間
電話をかけ続けるのか、
時計を何度も見て

終業時間まで数時間もあるのが
もう堪らなくて、
気が遠くなりました。

とにかくこんな感じで、
いきなり強制的に
新規テレアポ営業がスタートしたのでした。

この時、
「こんなこと私には不向きだし、
 できない。逃げたい。」
みたいな思考でした。

ガンガン電話している先輩方を見て、
「すごいなー私はあんな風にはなれない。」
と思っていたんです。

新規テレアポ営業して、
アポとって、
相手のオフィス行って説明して、
クロージングの電話して。

私には無理だと思いました。
「向いてない」と。

でも、
その考え方は間違っていました。

上司から、
一番身近な1個上の先輩の
新人の頃の話を聞いたのです。

ガンガン電話してガンガン断られて
ガハハと笑うような、
鉄の心を持ってると思っていた女性先輩が、
新人の頃よく泣いていた、というのです。

それで、
「ああ、みんな初めは緊張したり、
怖いながらも頑張ったんだな。」
と初めて気がつきました。

怖いけど、「えい!」という
気持ちの切り替えができるかどうかが大事で、
「向いてない」とかそんなのは
関係なかったのです。

実はこういうのって、
生活の随所にありますよね。

何かを選択する時です。

「自分に向いてない」
「自分は経験がない」
「自分は知識がない」
「自分は興味がない」

でも、何かを判断する時にこれらは何の意味もなく、
ただ「えい!」とやれるかどうか、
そこが分岐点なんです。

そのテレアポ営業は、
毎月1000件超、
数えられないくらいの電話をするので、
半年も経てば私も鉄の心になりました(笑)

つまり「慣れた」わけなんですが、
慣れるまでは、毎回毎回
「こんなはずじゃなかった」とか
「早く終業時間こい」みたいな
ネガティブ思考で頭いっぱいになりました。

この新人時代から○年経って(秘密)
自分でビジネスをしているわけですが・・・

私がビジネスを始めた理由は、
お金がなかったこともそうなのですが、
自分に自信がなかったからです。

自分でワードプレス立ち上げるとか、
めちゃめちゃ怖かったです。

技術的な、専門的な
未知の世界だと思っていましたから、
パソコンの画面が変になって壊れたら
どうしようとか思っていました。

※ワードプレスを触ってパソコンが
 壊れるなんてありえないのですが!

ですが、
「これしかない」
「これに掛ける」
みたいな気持ちで食らいつきました。

初めてアフィリエイト系の
セミナーに行った時も、

「どんな人が来るのか?」
「会場の雰囲気がわからなくて怖い」
「変な目で見られたらどうしよう」
「自分なんて場違いだったらどうしよう」

とか、いらない心配して
開演ギリギリまでトイレに
こもったりしていました。

自分が知らない世界に
入るのは怖いですよね。

そんな人間でも、今は
知らない人が来る懇親会なんかも
積極的に参加したり、

セミナー講師にも
ちゃっかり挨拶できるようになったし

なんなら
「facebookお友達申請してもいいですか?」
とか超図々しいことを
言ってみたりしているわけですから、
結局その世界を見て、経験して、慣れた。

ってだけなんですよね。

もしここで怖がっていたら、
諦めて逃げたていたら、
この世界は開けなかったと思います。

怖くても「えいや!」って
飛び込んじゃえば、
どんなものかわかるし、

挑戦して上手くいけば
さらに世界が開けるかもしれません。

基本的に、
いろいろ心配したところで
ほとんどが実際は
なにも問題なくできるんですよね。

ブログ運営がそこそこできるようになって、
初めて外注ライターさんを募集した時も。

外注さんを雇うとか別世界すぎて
かなり怖かったんですが、
これもやっぱり慣れるもんですね。

今は、
「こんなライターさんがいたらいいなあ」
と思って募集すると
すぐ決まるようになりました。

私は自分の価値がないと
思っていた時期があったので、
「自分なんかが人を雇えるのだろうか」
って思いも最初はありました。

でも
「外注化できるようになると
ビジネスを大きく展開できるようになる」
と聞いて、

「まあ、なるようになれだ。えい!」
って挑戦しました。

この、
【怖い→挑戦→慣れる→自信がつく→次の”怖い”が出現する】

というサイクルを続けていると、
必然的に、嫌でも、
自分が成長していきます。

これがすごく大事で、
自分の財産になります。

だって挑戦してなかったら、
慣れないから怖いままだし、
自信もないままだし、
その”怖い”が目の前にあるまま、
世界が何も変わらない。

「怖かったけどやってみて良かったなあ。」
って、すべての挑戦に言えますよ。

あと、
「なんでそんなに行動力あるんですか?」
って聞かれたことがあるんですが、

怖くて動けない人から見ると、

「なんであの人は色々なことにチャレンジできるのか?
ああ、きっと精神的にタフなのだろう。」

と思うかもしれません。

でも、声を大にして言いたいです。
これが今回のメールで言いたいことです。

=====
怖くても、
逃げたくても、
自分にはできないって思っても、
行動するのです。

目を瞑っても「えいや!」って、
そうやって挑戦していくんです。
=====

ASP担当者の方に初めて提案書を書いたときも、
すごく怖かった。

でも、メールの文面などの対応では、
怖さを隠して、
落ち着いた感じでやりとりしました。

表面は、「怖い」を出さないようにして。

私は、こう言った
《厚顔・図々しさ》みたいなことは、
ビジネスだったら
積極的にすべきだと思っています。

「今の自分にはできない」とか、
関係ないのです。

メディアビジネスをスタートした時は
夫に秘密にしていたのですが、

月1万円報酬が出た時に
つい嬉しくて報告したんです。

そしたら、夫に否定されました。

「いつまで続くかね?」
「ラッキーだったんじゃない?」
と。

「そんなの、簡単に成功できるわけない。」
と批判の心だったんですね。

それで、思うのですが
基本的に批判をする人って、
その世界を知らない人が多いです。

自分にその経験がなくて、
その世界を全く知らないから、

他人がそれに挑戦するといったら
自分の認識の範囲の中で考えて
「やめろ」と言うでしょう。

誰だって未経験のことが「怖い」のは当然、
ということです。

もし失敗しても、
それが経験として得られるので
全然マイナスじゃないと
私は思います。

どうしても怖いなら、
自分に自分で自己暗示かけてもいいですね。

「私はできる、私はできる!」と。

私はこれを、割と日常的にやっています。

何かに挑戦するタイミングで怖くなった時、
「大丈夫!」
「死ぬわけじゃないから!」
って自分に言っています(笑)

あと、昔の恥かいたこととか、
失敗したこととか、
ふと思い出す時ってありますよね?

その時も、実際に声に出して、
自分に「大丈夫!」と言います。

「みんなそんなこと忘れてるから、大丈夫!」
と言ったりすることもあります(笑)

そうすると、
「確かに10年も前のことを、
しかもその他大勢の中の一人である私の、
その時の失敗を今もなお嘲笑してる人なんて
いるわけないよな。」

とか思うわけです。

結局、
自分の思考の中で右往左往しているだけ、
というのが真相です。

だから、
しのごの言わずにやりなさい!
っていう。

行動できるようになるだけでも、
かなり人生が変わっていくと思います。

こんなことして大丈夫かな?とか、
取り返しのつかない失敗したらどうしよう?とか、
嫌われたり、変な人だとか、
ダメな人だとか思われたくない。
とか。

昔も、今も、これからも、
そんなことばっかり言っていたら、
10年後はどんな自分になるだろう?

成長は…
できていないだろうな。

いつまでも自分の成功体験の中で生きて、
世界が同じままで、
生活も退屈でつまらないかもしれない。

そう思うから、
私は自分の思考を、
自分でコントロールするようになりました。

これができるようになると、
ビジネスでもプライベートでも、
色々な世界が開けていきます。

怖いけど、やってみたら
意外と大したことなかったって思えるし、
後ろ向きな思考から抜けることができます。

だから、
あなたも、何か新しいことに
怖がらずどんどん挑戦してみてください^^

369(みろく)

369(みろく)

本業は夫の自営手伝いで、自立するためにアフィリエイトブログ・サイト運営してます。真面目に誠実に。2017年8月末から始めて2018年4月に4万円を達成。2018年末までに月100万円発生を目指しています。
*2019年2月追記:2018年末に100万円達成しました。

ブログ収入の秘密の話

みろくが月次利益100万円を超えるまでに実践してきたアフィリエイト記録を、あなただけにこっそり教えます。
以下からメールアドレスを登録してください。

ご登録いただいた方には、みろくのブログアフィリエイトの実践報告をメールマガジンでお送りします。

Recommend Posts・Ad

-ブログアフィリ

Copyright© 369チャンネル , 2019 All Rights Reserved.