ブログ基礎

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違いは?【難易度やメリットデメリット】初心者ならブログがおすすめ!

投稿日:

アフィリエイトで、ペラサイトとかサイトアフィリエイトについて調べています。
ブログ形式のウェブサイトと、ペラサイトやサイトではどちらの方が収益が上がりやすいのでしょうか?
特に、記事数の少ないペラサイトであえて記事を書く理由はなんですか?
よろしくお願いします。

アフィリエイトと一言で言ってもいろいろな手法があるのですが、ここでは

  • ペラサイトアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • ブログアフィリエイト

について、その違いやメリットデメリットをご紹介しようと思います。



サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違いって?

ペラサイトといわれる10記事未満のサイトを含む「サイトアフィリエイト」と、「ブログアフィリエイト」について、どんな違いがあるでしょうか?

順番にご説明しますね。

ペラサイトアフィリエイト

アフィリエイトで「ペラサイト」というのは、だいたい1ページ〜10ページの小規模サイト(ペラペラのサイト、ペラサイト)のことを指します。

徹底的に、検索ユーザーの満足するページを一発入魂!で作ってウェブ上に置いておくようなイメージです。

一般的にグーグルで検索結果上位に表示するにはページボリュームも影響すると言われていますが、「ペラサイト」の場合はユーザーを満足させる質の高いページを用意することと、ニッチな(2語〜4語)のキーワードで狙い撃ちをすることで上位表示させます。
(ブラックSEO=自作自演被リンクを利用するアフィリエイターも多くいます)

そしてブログのように更新することもなく、放置です。

作っては放置して、作っては放置して・・・基本的にたくさんのサイトを作ります。

収益が上がらないと意味がないので、作り方としては、

  1. 売りたい商品をあらかじめ選定し、
  2. 販売するためのページ作りをする

という流れになります。

特に悩みが深いものや、緊急性の高いものを選ぶと良いですね!

文字数ですが、少なくとも3,000文字以上でとにかく質を追求します。

あとは、ライバルサイトをチェックしてどうしたら1位になれるか?といったリサーチも必要ですね。

サイトアフィリエイト

ペラサイトよりもページ数があり、コンパクトにまとめたサイトでアフィリエイトをしていく手法です。

とりあえずこのサイトを見れば、検索ユーザーは一通りの情報を取得できる、といった感じで始めに完成させておきます。

そのためには、実際にサイトを作る前にどんな記事を書くのか設計し、全てのページをサイトに入れ込み、完成後は基本的にはメンテナンスだけで運用していく(放置する)スタイルです。

収入源は、アドセンスもあるし、ASPで商品を紹介するのもありだし、いろいろですが、一番のポイントは《テーマ》と《誰に向けたサイトなのか》がガッチリ決まっているものだと考えてよいと思います。

アクセス数がそんなになくても、ピンポイントで需要のあるサイトを作り、収益を上げることができる方法でもあります。

これも、

  • 最初に作ったら定期的なメンテナンスをするだけで、更新はほぼなく、放置
  • あらかじめ売りたい商品と上位表示したいキーワードを選定しておく
  • 作ったら一定期間は放置

という点はペラサイトと共通です。

ペラサイトアフィリエイトもサイトアフィリエイトも、アフィリエイターは『シリウス』という簡単にサイトが作れるツールを利用していることが多いです。
(ワードプレスだけを利用する人もいるみたいです)

サイトアフィリエイトを学ぶのに適した、不動の人気を得ている教材は『ルレアプラス』ですね。

私はブログアフィリエイトから始めましたが、ルレアプラスは持っていて、一通り読みました。

ペラを含むサイトアフィリエイトのデメリット

とにかくたくさん、作って放置を繰り返すので、成果が見えない中での単純作業の繰り返しとなります。

量産や放置が我慢できないと、「アフィリエイトは稼げない!」となるかもしれません^^;

初心者の方の場合は、

  • 商品選定スキル
  • キーワード選定スキル
  • 上位表示のスキル

がないため、数打ちトレーニングが必要なんですよね。

結果、行動しない。という人がとてもたくさんいるので、ここはデメリットかもしれません。

 

ブログアフィリエイト

ペラサイトアフィリエイトやサイトアフィリエイトと決定的に違うのは、更新していくことです。

サイトアフィリエイトが完成形を作って放置するものだとしたら、ブログアフィリエイトは更新していくもの、という風に対比できますよね。

そして、すごく自由度が高い

十人十色のやり方があると言ってもいいです。

例えば・・・

  • ジャンルを決めない雑記ブログ
    =ブロガーという立場で個性を出して、愛用品など商品を紹介したり・・・色々出来る
  • 特化ブログ
    =テーマを決めて(例えば趣味など)ずっとそれについて記事を更新していくことでファンを増やしたりSEO流入を増やし、アフィリエイトしていく
  • 漫画などクリエイティブな技術を利用したブログ
    =イラストレーターの方であれば4コマ漫画など書いてブランディングして、育児漫画なら育児商品を紹介するなどアフィリエイトしていく
  • オウンドメディア
    =ブログというと個人色が強いですが、ブログからオウンドメディア(客観性のある更新型メディア)に発展させることも可能

メリットは、初心者の方には一番やりやすい方法であることだと思います。

ブログアフィリエイトを経験してからサイトアフィリエイトに挑戦してみてもいいですね。

ブログアフィリエイトなら、PDCAサイクルを回して記事を見直していけば、最低でもアドセンス報酬は入るので、「これで収入が生まれるんだ!」という実感も持てると思います。

また、今は、グーグル検索で上位表示するときに更新性も評価の一つとされているので、サイトアフィリエイトよりもブログアフィリエイトの方が、長期で育てていける方法だと思います。

 

これから初心者の方がアフィリエイトをするなら

断然ブログアフィリエイトをお勧めします

理由は、ペラを含むサイトアフィリエイトは商品選定とキーワード選定のスキルがないと結構難しいからです。

初心者の方がサイトアフィリエイトに取り掛かると、初めに手こずりますし、量産トレーニングが必須なので、行動ができないor挫折しやすいです。

一方ブログアフィリエイトなら、たとえ雑記ブログでも、更新しながら検索ユーザーや読者のニーズに徐々に修正していけて、反応を見ながら学習できます。

アクセスが集まれば最低でもアドセンス報酬が入るので、報酬も少しずつ入って《アフィリエイトで収入が生まれるんだ!》という実感を得ることができて、モチベーションも下がりにくいです。

そして、アクセスを集めるとか、商品を紹介するといったアフィリエイトの基本スキルを身につけながら、継続していけるのもメリットです。

雑記ブログで練習&少額の報酬を得てから、特化ブログやサイトアフィリに取り組むという流れの方が初心者のスキル的にも、自然な流れとも言えそうです。

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログ基礎

Copyright© 369チャンネル , 2018 All Rights Reserved.