初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

雑記

カップヌードルミュージアム大阪池田でオリジナルカップ麺作り体験!

更新日:

長女がカップヌードルミュージアムに行って、オジリナルカップヌードルを作ってきました。

いや〜もう…こんな体験を親の離れたところで出来るようになったのね…(涙)

今回は、長女の話を元にカップヌードルミュージアム大阪池田のオジリナル麺が作れる体験施設について、紹介しようと思いますよ!



12月の祝日に、小学校の児童ホーム(いわゆる学童)で遠足があったんですよ。

行き先がカップヌードルミュージアムっていうから、今の小学生って本当に恵まれてるよなあって。

思いません?

私の子供の頃は、遠足といえば山ですよ、山。

まったく贅沢育ちはあかんよ!!
(羨ましい…)

ちなみに児童ホームの人数は小学校1年生〜3年生の40人ほどで、全員が参加したかどうかは不明ですけど、みんなで電車に乗ってゾロゾロと行ったんだそうです。

絶対楽しいよね。

 

カップヌードルミュージアムとは?

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/より引用

その名前、そのまんまなんですけど、カップヌードルのミュージアムですよ。

カップヌードルの開発の歴史がとってもわかりやすく紹介されています。

館内には壁一面に過去のカップラーメン類を並べたスポットもあって、ここはすごいです。

圧巻ですよ。

「これ食べてみたい〜!」とか、盛り上がること間違いなしです。

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/より引用

 

博物館的な要素としては、こう言った展示やクイズ・ゲームなど大人も子供(小学生以上)も楽しめるもので、レクリエーション&アカデミックな感じで秀逸です。

しかし!!

何と言ってもここの目玉は、オリジナルのカップヌードル作り体験(予約不要)チキンラーメン作り体験(要予約)だ!

 

オリジナルカップヌードル作り(カップ麺)

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/より引用

 

みてください、このだだっ広い食堂みたいな空間。

ここで、オリジナルのカップヌードル作りを体験することができます。

予約不要。

小学生にとっては目がキラキラしちゃう体験です。

体験の流れとしては、こうです。

カップに絵を描いたり文字を書いたり色を塗ったりして、マイカップを作る。

そこに乾麺を入れる

好きなスープを選んで入れる
味はしょうゆ、シーフード、カレーの三種類から選べます。

好きな具材を4種選んで入れる
ナルトやニンニクチップ、玉子、海老、チーズなど定番具材から選べます。
※ナルトははかわいいひよこちゃん!

自分だけのオリジナルカップラーメン出来上がり!!

ビニールの風船みたいな袋で真空パック
空気を入れて風船みたいにして、首から下げて持ち帰ることができます♪

カップヌードル作りは300円の料金がかかります。

それで、長女が作ってきたのがこれです。
↓↓↓

ひよこちゃん描いちゃってますね。

絵の感じから、相当テンションが高かったことが伺えます。
(親にはわかる、この感じ。)

チョイスは、スープ:カレー味。

具材:ひよこちゃんナルト・エビ・コーン・ガーリックチップ。

ん?ガーリックチップ??

多分、ガーリックじゃなくてお肉だと思ったんでしょうね。

ガーリックはあまり得意ではないはずです。

一人で全部食べたいだろうと親は思ったのに、長女、「みんなで分けて食べよう!」という。

朗らかな休日。

5人で一つのカップラーメンを分け合うという、なんとも昭和の貧乏家族のような風景(?)を楽しむことができました。

 

オリジナルチキンラーメン作り(袋麺)

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/より引用

今回長女は、こちらのチキンラーメン作り(袋麺です)はしませんでした。

チキンラーメン作りの方は要予約で、 小麦粉から自分でコネコネ作ることができる体験です。

予約ページはこちら

だいたい90分くらいかかるそうで、なんとも長時間!

かの有名なチキンラーメンの作り方を教えてもらいながら、楽しく体験できるんですって。

チキンラーメン作りは大人500円、小学生300円の料金です。

 

プチ情報

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/より引用

カップヌードルミュージアムの評判を聞くと、「施設が綺麗!」「大きい!」「接客もしっかりしている!」など高評価です。

最近は外国の人も多いそうで。

施設の中にあるクイズをある程度正解すると、受付でオリジナルひよこちゃんグッズがもらえるという特典もあります。

なんと入場料が無料!!なので、休日はかなり並ぶとか。

広い施設なので、混んでいても1時間くらいあれば一通り見て回れるようです。

ただ、休日の最も混む時間に行ってしまうと、人が多すぎて展示もあまり見れなくて、当然オリジナルカップラーメン作りも1~2時間待ちなどざらだそうですよ!

その場合、整理券の配布などは無いそうなので、アナログに待つことになります。

年齢の低い子供と一緒だと、ちときつい感じがしますね^^;

空いている時に行きたいならば、平日か、休日の朝一がやはりオススメです。

アクセスと駐車場

住所は《〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8−25》です。

開館は9:30〜、閉館は16:00です。

ただ、入館は15:30までと結構早めの戸締りなので、注意ですよ。

休館日は火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始です。

先ほども書きましたが、入場料は無料!!!

良心的ですね〜〜^^

駐車場ですが、カップヌードルミュージアムの駐車場は23台とだいぶ少なめなので、車の場合は事前に周辺のタイムズなどの駐車場も調べる必要があります。

施設が住宅街の中にあり、あまり駐車場がないため、もし付属の駐車場に停めることができなかった場合は、池田駅の周辺に停めることになりそうです。

 

まとめ

だいたい人気のスポットって、それなりに理由があるんですよね。

ここは、間違いのないテッパンの遊び場として認定して良いでしょう。

ただ、混雑は避けたいところですね!

車で行くなら駐車場も注意です。

我が家も一番下が小学生になったら、家族で行ってもいいかなって思いました^^

(まだ一番下がわけわからず暴走する時期なので…)

もし興味あれば、行ってみてくださいね♪

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-雑記

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.