初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

雑記

ヒアリは大雨や洪水で分布拡大?恐るべき生存能力の驚異!国内で定着可能なエリアは?

更新日:

ヒアリのニュースが連日テレビで流れていますね。

うちも子どもがいるし、もし公園にいたとしたらうっかり触ってしまう可能性もあります。
住んでいるエリアにヒアリが定着しないように願うばかりですが・・・

今回は、最近の天気の特徴である大雨や洪水により、ヒアリの分布が拡大する可能性と、大雨時に発揮されるヒアリの高い生存能力国内で定着可能なエリアはどこか?

調べてみました。



実際、ヒアリの毒はどんな被害?実例紹介!

日本では「殺人アリ」として、ニュースで報道されるたびヒアリへの恐怖がどんどん高まっていますね。

だって、エリアが拡大しているんですから!

2017年5月に、神戸港で国内初ヒアリが発見されたというニュースが流れました。

そして2017年6月には名古屋港と大阪港でもヒアリが確認されて・・・

なんか拡大してるじゃん!
大丈夫なの?!怖いんですけど!

 

刺されるとどのくらい痛いの?!体験談

ヒアリは針をもっていて、刺されると毒を放ちます。
これが、場合によっては人間も死んでしまうほどの強さなので、「殺人アリ」と言われています。

実際に刺されたことのある日本人の体験談がありますので、紹介しますね。

「ヂクッ」
地面にあったテニスボールを何気なく左手で拾い上げたところ、薬指の根もとに突然、強烈な痛みが走った。
少年のころ、林の中で蜂に刺されたのと同じ感覚だった。

「一体何事か?!」
驚いて手のひらを見ると、1匹のアリがもぞもぞと這っているだけだった。

10分ほどで、あっという間にじんましんが体全体を覆った。
慌ててトイレに駆け込み鏡で見た自身の顔は・・・?!
顔はどす黒く変色し、無数の異様なイボに覆われていた。

多々ごとではないと、急いで病院に行くと、医者は「注射、注射!」と叫び直ちに処置に取りかかった。

数分後。
「これでOK」との医者の言葉とともに注射が終わると、アッという間にじんましんが消え去った。これもまた不思議な経験だ。

治療代は日本円で実に4万円。
海外保険に入っておらず、懐にはこたえたが、命には代えられない。

(海外報道担当の日本人記者の体験談、産経ニュースより)

大雨や洪水で分布を拡大する可能性も?!

ヒアリは、洪水や大雨が降って一網打尽になるのでは?
と思いきや、とんでもない!

驚くべき生存能力を発揮します。

まず、ヒアリは大雨や洪水などの水害の予兆をキャッチすると、巣の中の全ての卵を集めて地上に運び出します

そして実際に洪水が襲ってきたら、小さなヒアリが集まって群れを作り、「手を取り合い」イカダのような形に自分たちをつなぎとめ、水に浮く方法をとります

実際にアメリカの研究者が、この習性に興味を持って実験をしました。
集めたヒアリを水の中にボーン!と落として、どうなるのか?

なんと、アリたちはわずか2分で水に浮かぶためのイカダを作ったんだそうです!

ヒアリはこのイカダ状態で、数週間も水の上に浮かんだまま生きることができます

だから、突然の大雨だろうと、洪水だろうと、水害にも平気なんです。

むしろ、イカダをつくって新たな地域へお引越しをしてしまうことも考えられます。

 

定着可能なエリアは?

国内でヒアリが定着できるエリアは、関東以南です。
かなり広い範囲で定着可能性がありますね。

また、ヒアリは日当たりの良い場所を好んで巣を作ります
つまり、宅地や公園などの都市環境がヒアリにとって好都合なのです!

人間が良いと思う環境を、ヒアリも好むという驚異!!

だから、自宅・路上・公園などの日常生活の場でもしヒアリが巣を作っていたら・・・

特に子どもが危ない・・・!

ヒアリの脅威は、ママにとってはかなりのものがあります。
安心して公園で遊んでいられないなんて・・・!

拡大を抑えてくれることを願うばかりです。

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-雑記

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.