関西在住の関西大好きママがイベントやお出かけ情報・話題・レビュー・口コミ・体験談をまとめたサイトです

かんさい369チャンネル

有名人

素潜り競技フリーダイバー木下紗佑里がすごい!経歴と職業としての収入はどのくらいなのか?<情熱大陸>

更新日:

<情熱大陸>で取り上げられたフリーダイバー木下紗佑里さんは、フリーダイビングの世界新記録を持つ28歳!

潜っているところを見ると、こっちも緊張してしまいます!

今回は、フリーダイビングとは?その危険性、フリーダイバー木下紗佑里のプロフィールと経歴、職業としての収入はどのくらいなのか?など気になったので調べてみました!

フリーダイビングとは?

フリーダイビングとは、酸素ボンベを付けず息をとめた状態で潜水の深さを競うスポーツです。

日本での競技人口は300名程といわれていて、まだまだ少ないです。

このフリーダイビングには様々な種目がありますが、代表的な4種目はこちら。

  • CWT(コンスタント・ウエイト)
    呼吸を止めてフィンをつけて何m下に潜れるかを競う
  • CNF(コンスタント・ノーフィン)
    上記のコンスタント・ウェイトをフィンなしで平泳ぎで潜り競う
  • FIM(フリーイマージョン)
    ガイドロープを伝ってフィンをつけず垂直に何m潜れるかを競う
  • VWT(ヴァリアブル・ウェイト)
    ザボーラと呼ばれる乗り物にのり、潜航後ガイドロープにて垂直に何m潜れるかを競う

中でもフィンを付けずに平泳ぎで深海へ潜り、再び海面に浮上するという種目(CNF)が最も過酷なんだそうです。

その日本人初となる世界新記録を樹立したのが、今回の木下紗佑里さんです。

フリーダイビングは危険がいっぱい!

フリーダイビングでは、「無理をすると失神する(ブラックアウト)」のは多くの人が知っていますよね。

これは選手なら必ず注意する危険な点です。

なんでも、経験者によると、「結構簡単に失神する」らしいんです。

それで、フリーダイビングは「一人で潜るのは禁止」なんですね。

特に前兆のないまま突然失神するんだとか。
発見が遅れれば命が危ない!

なので、パートナーが監視している状態で行う必要があります。

そして無理をしないようにトレーニングをしていくようです。

フリーダイバー木下紗佑里のプロフィールと経歴

・木下紗由里(きのしたさゆり)
・生年月日 1988年12月31日
・長崎県大村市 生まれ
・3人姉妹の次女
・日本女子体育大学卒兄弟 

実家がスイミングスクールを経営していたことから、幼少期よりプールが遊び場だったと言います。

高校生までは水泳部で活躍し、日本女子体育大学卒業後は埼玉のスイミングスクールに就職。

2013年にフリーダイビングと出会い、それからわずか2年後の2015年世界選手権で優勝、翌2016年には世界新記録を樹立するという快挙!

これで世界中から注目の的になりました。

現在は拠点を沖縄県・読谷村に移し、フリーダイバーとして世界中の海で活躍しています。

また、拠点にしている沖縄までフリーダイビングを習いに来るダイバーが後を絶たず、テレビ取材や講演会も含め多忙な日々だとか。

身長155センチ、大好物は納豆で海外遠征にもドライ納豆を持参するそうです。

フリーダイバーという職業の収入は?

フリーダイバーという職業は、まだ日本でも競技人口の少ないところですが、収入はどのくらいなんでしょうか?

トレーニングにもお金はかかりますよね。

とりあえず大会の賞金が思い浮かびますが、フリーダイビングでは世界大会・国内大会でも賞金を出すようなイベントはほぼ無いようです。

調べていくと、フリーダイビングの場合は、スポンサー料が大きい収入源のようです。 

例えば木下選手は、現在は「狩野ジャパン」「㈱FUSION」「FAVRE-LEUBA」とスポンサー契約をしています。

他にも、木下選手は「ウォーターメイツスイムクラブ長崎」に所属していて、インストラクターをしたりしていますね。

また、沖縄の拠点では、講演会をやったりダイビングインストラクター等のワークショップを開催しているようです。

こういった教える仕事もしなければ収入は安定しないようです。

他にも、ダイビングスクールやショップ経営をして生活しているフリーダイバーもいるとか。

まだまだ知名度が低いが故の、苦しいところですね。 

変り種として木下選手は「クラウドファンディング」も活用されているそうです。

今回の情熱大陸への出演などをきっかけに有名になれば、CMやメディアでの露出により収入が入るかもしれません。

まとめ

潜っているところを見ると、こっちがドキドキするくらいの、危険と隣り合わせの競技です。

世の中には、本当に色々な世界があるんだな〜と思います。

こんな危険なことをなぜわざわざやろうとするのか?!
そして競うのか?!

理解ができない世界もあるものです。。。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
369(みろく)

369(みろく)

関西在住アラサーのゆる〜いママ。369(みろく)です。人・社会・イベント・食べ物などいろいろな気になることを書いています。ツイッター・インスタグラムで繋がる人募集中〜!それか、RSS登録かブックマークでたまに遊びに来てくださいね^^

詳しいプロフと経歴はこちら
369ってどんな人?プロフと経歴まとめ

-有名人

Copyright© かんさい369チャンネル , 2017 All Rights Reserved.