初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

雑記

写真家小林哲朗氏がドローンで撮る工場夜景がすごい!写真教室、講演会も行うカメラマン

更新日:

先日、雑誌にドローン工場夜景を撮影した写真が載っていました。

今や大ブームのドローンですが、遠隔操作や自動制御によって飛行でき、地表か水面から150m未満の高さまで飛ぶことができるそうです。

まさに鳥の目線で空から地上を見下ろせる、画期的な無人航空機!

今回は、このドローンを使って工場夜景などを撮影する注目の写真家・小林哲朗氏について紹介しようと思います!



写真家小林哲朗氏プロフィール

ニュースウォーカー - ウォーカープラスより引用

写真家。
1987年尼崎市生まれ。

主な被写体は工場、巨大建造物、廃墟、地下空間などで、身近な異世界をテーマに撮影しています。

近年はドローンによる空撮写真にも力を入れているとのこと。

こちらの動画は、ドローンを撮影している裏側を編集したプロモーションです。
ぜひ一度見てみてください!

写真家としての撮影の傍ら、カメラ雑誌での執筆や、写真教室の講師、また講演会なども行っているそうです。

工場夜景の撮影のきっかけと経歴

そもそもカメラにハマったきっかけが長時間露光だったそう。

コンパクトデジタルカメラをミニ三脚に載せて夜桜を撮ったら、昼間のように写りました。カメラを通すと人間の目には見えない画像を撮れるのが面白くて、そこで夜景撮影に興味を持ったんです。

同様に"機械的なもの"が好きで、廃墟巡りもしていました。アニメやSFのような世界観を現実で見られるのが面白くて機械などを撮っていたら、あるときに「夜が面白い」と教えてくれた人がいて、「夜景」と「工場」への興味が組み合わさり、10年前から工場夜景を撮るようになりました。

小林哲朗氏が語る工場夜景撮影のコツはこちら

工場夜景をカッコよく撮るコツは、散漫にならないよう「寄って切り取る」ことだそうです。

気になる人は写真集をチェック!

[amazonjs asin="475721569X" locale="JP" title="廃墟ディスカバリー"]

[amazonjs asin="4757217048" locale="JP" title="廃墟ディスカバリー〈2〉"]

[amazonjs asin="4757217498" locale="JP" title="工場ディスカバリー"]

[amazonjs asin="4757223358" locale="JP" title="工場ディスカバリーZ"]

[amazonjs asin="4295000183" locale="JP" title="夜の絶景写真 工場夜景編―誰でも幻想的な工場夜景が撮れるようになる"]

[amazonjs asin="4768308805" locale="JP" title="ドローン鳥瞰写真集 住宅街・団地・商店街"]

まとめ

こうやってドローンで撮った工場夜景の写真は、幻想的ですね。

昼間はただのガチャガチャした工場風景なのに、夜景となると雰囲気がガラッと変わって、まるでゲームの中にいるような錯覚を起こします。

今や普通に観光スポットとなった工場夜景

工場夜景ブームは町おこしにもつながるそうで、こうした写真集もいい活路になるんじゃないでしょうか。

ドローン写真は今後もどんなものが出るか、楽しみです!

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-雑記

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.