初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

雑記

ネオニコチノイド系農薬とは?人体への影響・健康被害はあるのか?日本を含め世界各地の蜂蜜の75%に含まれていたことが発覚

更新日:

日本を含めた世界各地の蜂蜜の75%に、ネオニコチノイド系農薬が含まれていたことが発表されました。

ネオニコチノイド系農薬はもともとミツバチの大量死との関連が指摘される農薬で、世界の広い地域で検出されているそうです。

今回の発表では、人の健康に影響がないわずかな量が検出されたとのことですが、我が家では毎日ヨーグルトに蜂蜜を入れて食べているので、とても心配です。

ネオニコチノイド系農薬とは?人体への影響・健康被害はあるのか?
調べてみました。



ネオニコチノイド系農薬が蜂蜜含まれていた!発表の中身

スイスの調査チームが、「日本を含むアジア、北米、南米、欧州、オセアニア、アフリカの各地域から198の蜂蜜サンプルを収集して調べたところ、その75%にネオニコチノイド系農薬が含まれていた」と発表しました。

また、複数の農薬が検出された蜂蜜も半数近くあったそうです。

ネオニコチノイド系農薬とは?

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストHPより引用

ネオニコチノイドは化合物です。

アセタミプリド、イミダプロクリド、クロチアニジン、ジノテフラン、チアクロプリド、チアメトキサム、ニテンピラムの7種類。

これに作用がよく似たフィプロニルを加え、ネオニコチノイド系農薬と呼ぶことが多いとのこと。

これらを主成分とする農薬・殺虫剤各国で販売されています。

例えば・・・

  • ペット用ノミ駆除剤:アドバンテージ、キャプスター、フロントラインなど
  • 家庭園芸用:レインボーフラワーEXⅡ、アースガーデンQ、ベニカDスプレー、オルトランDX粒剤など
  • 家庭用殺虫剤:アリの巣徹底消滅中、コバエがホイホイ、ブラックキャップなど

そしてこの農薬成分が、ハチの大量死、赤とんぼの激減の原因のひとつといわれています。

ハチのコロニ-が崩壊にいたるため、アメリカでは「蜂群崩壊症候群」と呼ばれている。原因と疑われるものは複数あり、まだ科学的に確定されていないが、ネオニコチニノイド系農薬は主因のひとつと考えられている。

タバコに含まれるニコチンに似た成分(ネオニコチノイド*)をベースとした殺虫剤については、1990年代に登場してから今では世界一使われている殺虫剤だそうです。

ネオニコチノイド系農薬は人体への影響はある?健康被害は?

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストHPより引用

環境への影響だけでなく、神経発達障害との関連など人への影響も明らかになりつつあるそうです。

  • 神経毒性
    人を含む多くの動物にとって、正常な神経伝達を乱す影響があります
  • 神経発達障害と関連している?
    人の神経発達障害と関連する可能性をEUが公式発表。
    ADHD(注意欠陥・多動性障害)や自閉症との関連も懸念されています。
  • 免疫系を抑制(ハチに限るが)
    ハチの免疫反応を弱め、感染病にかかりやすくさせると報告されています。

なんと、海外では規制強化に進んでいる一方、日本ではむしろ緩和の方向に向かっているらしい。

環境保護団体や研究者などから規制強化や適正な影響評価を求める声があがっているとのこと。

2013年12月に、EUは「ネオニコチノイド系農薬2種とヒトの神経発達障害に関連がある可能性」を公式発表した。これはラットの細胞を使った実験の報告をもとに、既存のデータや情報を専門家が調査して導かれた結論。これにより、ヨーロッパでは今後、ネオニコチノイド系農薬への規制がいっそう厳しくなることが予想される。

日本では以前から問題視されていた農薬

特に日本では、お米の文化から稲作の田植え機用育苗箱に大量に使われているそうです。

これが、赤とんぼ激減の主因と疑われています。

すでに水田生態系から水系へと広く汚染を引き起こしている可能性が高いとのこと。

イネの生育過程でカメムシなどの害虫防除用に大量に散布する地域が多く、高濃度になりやすいヘリコプターによる空中散布によることが多いことから、影響が出ているそうです。

この状況については、海外の研究者から「自ら進んで国土と国民を危険にさらす大規模実験」と非難の的となっているそうです。

まとめ

現時点では、人体への影響はない量だとのことですが、こういうのって後から新しい情報が発表されたりするから怖いですよね。

毎日使っていた蜂蜜は中国産は避けていましたが、その他の国のものも危ない、ましてや日本のものも危ないとなると、今後蜂蜜を使えなくなってしまいます。

困った・・・

信用できる食品をどうやって選んだらいいんでしょうか?

農薬の問題が蜂蜜にもあるとなると、野菜以外にも注意すべき食品がありそうです…。 

参考

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト【ネオニコチノイド系農薬問題】

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-雑記

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.