ブログ基礎

オウンドメディアの意味とは?個人で出来る作り方とメリットデメリット、心得などまとめました

投稿日:

最近巷でも流行っているキーワード、「オウンドメディア」。

オウンドメディアを作るって、どういうことなの?その言葉を知らないって人も、いるかもしれません。

オウンドメディアというのは、個人でも作ることができるブログの進化版メディアサイトといったところです。

今は「コンテンツの時代」と言われていて、グーグルの検索アルゴリズム(どんな条件で上位表示できるか?)の大幅なルール変更が頻繁に行われ、結果的に質の高いコンテンツを価値を提供し続けるサイトが評価されるという流れになっています。

今までは、アフィリエイト報酬額の高い商品をランキング1位で掲載するようなアフィリエイト目的のサイトが乱立して、本当に正しい情報はどれなのか混乱することも多かったのですが、今は本当に役に立つ情報を発信する人・信頼される人が利益を得るという、ある意味正常な状態になりつつあります。

なので、もし個人でゼロからインターネットを利用してビジネスを始めようと思うなら、「オウンドメディア」という選択肢も視野に入れて取り組んだ方が、発展性がイメージできて良いです。

今回は、このオウンドメディアについて詳しくご紹介しようと思います!



オウンドメディアとは?意味

オウンドメディアとは何でしょうか?

オウンドメディアとは、企業・組織・個人が、自分のものとして所有するメディアを意味します。

広義の意味だと、例えば

  • ホームページ
  • ブログ
  • ツイッター
  • ユーチューブチャンネル
  • ノート
  • 公報誌
  • パンフレット

等、保有するメディアのすべてを指します。

ただ、よく巷で言われる「オウンドメディア」は狭義の意味で、

  • ウェブマガジン
  • ブログ

などの更新性のあるサイトを指しますね。

いずれも広告とか自社サービスを紹介する目的顧客からの信頼や評判を得るために発信するメディアとして、近年は特に重要視されています。

個人の間でも、《サイトアフィリ→ブログアフィリ→オウンドメディア》のように進化していて、ライターさんと協力して色々なキーワードでアクセスを集めることができるオウンドメディアは今注目が集まっています。

 

オウンドメディアとは?具体的な作り方

オウンドメディアとは、《ウェブ上で特化したテーマの雑誌を持つイメージ》と言えます。

具体的なオウンドメディアの作り方ですが、ワードプレスというブログスタイルのサイトで作ることができます。

というか、ブログと全く一緒です。

なので、今までに独自ドメインでワードプレスを運営したことがある人なら誰でも取り掛かることができますよ^^

ワードプレスブログは、全くの初心者の方でも案外簡単に作れます。

詳しくはこちらのページを読んでくださいね!
↓↓↓

初心者さんでもたった1時間でできるワードプレスブログの作り方【完全保存版】

オウンドメディアは、その器となるサイトを作り、記事をどんどん入れていくという非常にシンプルな方法です。

ブログと一緒で、読者に価値を提供し、読者に商品などを広告し、広告主から対価を受け取る、というビジネスモデルですね。

コツコツ継続することが必要になりますが、長期で育てていけば資産となり自動で収益の上がるビジネスになりますよ。

 

オウンドメディアの特徴やメリットデメリット

サイトを運営して収入を得る、所謂ネットビジネスと言われるジャンルには、ブログアフィリとか、サイトアフィリとか、SNSアフィリなどいろいろあります。

どの方法を取っても、色々な波に影響されて収入のアップダウンはあります。

特にサイトを使ったネットビジネスだと、グーグル検索のアルゴリズムに大きく影響されるので、収入は当然上下します。

ネットビジネスを実践したことがある方なら分かると思いますが、

「ペラサイトよりもパワーサイト型のほうが、稼げるのかな?」

とか、

「質の高いペラサイトを量産するほうが良いのかな?」

とか、結構他の手法が気になるんですよね。

それで、「ペラサイト型・ブログ型・オウンドメディア型の、どれが結局いいの?」って迷うんです。

私はその全てを実践したことがあるわけではないので、予測でお伝えしますと、たぶんですが全ての手法にメリットデメリットがあると思います。

なので、ここではオウンドメディアのメリットデメリットについて考えてみようと思います。

オウンドメディアのメリット

まずブログとオウンドメディアの違いですが、ほとんど一緒です。

イメージとしては、ブログは個人的な経験や主観を軸として発信する一人メディアだとすると、オウンドメディアは複数人がかかわって客観的な情報を一つのサイトにまとめた感じです。

簡単に言うと、ブログは著者が一人の本、オウンドメディアは著者が複数の雑誌。

オウンドメディアの良いところは、構築の流れがシンプルなので、ただコンテンツを作り続けるというだけでも、結果が出るところです。

SEOはかなり意識しないといけないですけど、外注化してライターさんに記事を書いてもらってもいいのです。

また、一つのサイトにたくさんの記事を入れていくので、育てる楽しみといいますか、たまごっち的な愛着が湧く不思議もあります。
「私のサイトちゃん」みたいな感じです(笑)

自分のサイトのドメイン評価が上がっていくのも魅力的ですよね。

無料ブログなどでサイトを量産するアフィリエイトの手法では《当たれば稼げる》要素も大きいですが、オウンドメディアでは1つのサイトを育てるので、《量産・当たれば》といった考え方がないのも魅力です。

量産する手法だと、だんだん作業になってしまい楽しくなくなってきて、挫折してしまう大きな要因になります。

また、ペラサイトアフィリエイトなら自作自演の被リンクが必須になると思いますが、グーグル検索のアルゴリズム改善の流れと反対の方向を向いているし、読者にとってどのくらいの価値を提供できるのか?今では、ちょっと微妙なところです。

オウンドメディア構築は、グーグルの動きを見ても今の時代に非常に合っている考え方だし、もうブラックハットSEOは通用しなくなってきます。

読者にとっても有益な内容を発信することで価値を生み出す方法は本質的で、収入が生まれるまで時間がかかるのも、ビジネスとしてみれば当然のことでもあります。

その点、オウンドメディアなら時代の流れに沿ったコンテンツ重視の考え方なので、グーグルの評価がされやすいです。

グーグルからの評価が高くなることでペナルティも受けにくいですしね。

※オウンドメディアで行っていく、質の高い記事の蓄積をしていく手法は、「コンテンツSEO」とも呼ばれます。

他にも、SNSを使ったアフィリエイトや転売等、サイト運営以外にもネットビジネスの方法がありますが、それらと比較して「オウンドメディア」という手法はコンテンツ蓄積型のビジネスなので、《常に自分が動かなくてはいけない・気持ちが休まらない》ということがあまりないので、そこがかなりメリットです。

また、SNSは他社のツールを貸してもらう形になるので、勝手に凍結・削除されても文句が言えません。

オウンドメディアなら、完全に自分のもの(まさにオウンド、です)として資産になります。

 

オウンドメディアのデメリット

サイト運営は、軌道にのると楽しくなってくるのですが、アクセスが集まらないうちは結構落ち込んだりするかもしれません。

ゼロスタートなので、当然のことなんですけどね。

やっぱり、初めてすぐ壁にぶつかると、モチベーションの維持が問題になってきます^^;

ただ、モチベーションが上がらないっていう状態は、実は自分の心の持ちようなんですね。

子供の頃、ゲームソフト買ってあげるから試験で100点とりなさいって言われて頑張ったことがありますが、その時のモチベーションたるや凄まじいものがありました。

頑張った先に、未来が待っている。

そう言われても、人間の心は弱いもので、精神的な気力の低下が原因で、サイトを立ち上げたまま記事が更新されなくなった・・・・

検索すれば、そういうサイトは山ほど出て来ます^^;

また、オウンドメディアで扱う記事のジャンルは絞るというよりは広がっていくことや、すべての記事を個人でかくのではなく外注ライターさんを使うようになることを考えると、個人色が薄まる=個性が薄まります。

個性が薄まるということは、あなたのオウンドメディアで情報得るメリットを打ち出していかないとリピートが起きないということです。

ペルソナ設定とか、記事の書き方とか、ブランディングの工夫が必要になってきますね。

 

だから、オウンドメディアのデメリットは

  • 成果が出るまで時間がかかる
  • ゆえにコツコツ継続するモチベーションの維持が難しい
  • 明確な目標や、成果をイメージして自分で自分を鼓舞するしかない
  • 長期でメディアのブランディングを意識しないといけない

といったところです。

もともと精神力が強い人や、忍耐力が強い人はいいですが、普通人間って怠け者ですし、ストレスがあるとやる気も無くなって、嫌になっちゃう生き物ですよね。

ここで大事になるのが、ビジネスでいう「マインドセット」というものです。

マインドセットについては、今後YouTubeチャンネルで発信していきたいな〜と漠然と思っています。

また、コツコツ継続して育てていくものですが、もし大きく方向性が間違っていたら・・・時間をかけたものの、失敗となるケースもゼロではないです。

ただ、失敗=0円、ではないです。

最低でも、アクセスに応じたアドセンス報酬は入ってきます。

 

オウンドメディアを作る時の、はじめの心得

コンテンツを重視していく正攻法になるので、とにかく地道な作業になります。

コツコツ記事を積み上げていくことで、グーグルからも読者からも信頼を得ることができます。

時間はかかりますが、ある程度形になれば、長期にわたって運営していける資産となります。

個人の方なら、ある程度収益が発生し始めたら外注ライターさんとの協力も是非チャレンジしてほしいな!って思います。

外注さんとのコミュニケーションも結構楽しいんですよね、アイデアをもらえるというか、やっぱり経験値が人によって違うので。

私はCrowdWorks(クラウドワークス)というサイトを利用してライターさんを募集していますが、「1記事○円」という外注化で複数の方と連絡を取って作業しています。

記事の外注化というと、記事の質は保てるの?という問題点も出てきます。

結局、自分で書き直したりとか・・・

その点は、しっかりしたマニュアル作りをすることである程度対応できるのと、時にはライターさんを教育していく必要があります。

私は結構初心者の方を採用したりしますので、個性があるかどうか?とか、やる気があるかどうか?といったスキルじゃない部分で判断していますよ。

オリジナルコンテンツがかなり大事になるので、自分の個性を爆発させることができるかどうかは、結構重要です。

 

でも、外注化と聞くと、「絶対ライターさんにお願いしなければいけないの?ちょっと抵抗が・・・・」って思うかもしれませんね。

これには一長一短ありますが、自分一人ではどうしても作業時間に限界がありますので、ライターさんと組んでできるかどうかは、サイトの成長スピードに差が出てきます。

ライターさんと組んでサイトを育てるという仕組みを一度体験すると、他のジャンルでも応用が利くので、様々な分野でサイトを複数運営することができるようになります。

そういう意味で、自分の挑戦スピードを上げることができるのは利点ですね。

「投資」という考え方もできます。

 

時間をかけて育てていくことになるので、早く始めた方が有利になりますし、オウンドメディアは今トレンドになりつつありますが、まだライバルがそんなに多くないので、チャンスがあります。

「ネットビジネス」というと「後発組は損をする」という考えの方が多いようですが、こうしてネットビジネスの中でもトレンドがあるので、次から次へとチャンスは生まれている最中です。

着実にメディアを育てることができれば、収入以外にも達成感とか、自己実現とか、人と人とのつながりができたり、良いことも生まれるんじゃないかなって、思います!

 

個人でオウンドメディアを作れる?

結論から言うと、個人でもオウンドメディアを作ることができます

先ほども書きましたが、誰かが必要としてくれる情報を記事にして発信していくという非常にシンプルなことなので、たとえ今初心者で、ゼロスタートの方でも、希望を持って始められると思います。

しっかりと内容の濃いコンテンツで、読んでくれる方の役に立ちたいという気持ちを持って記事を書けば、やりがいもありますよ!

オウンドメディアで大事なのは、文字数は多いほうがいいですが、それと同時に質です。

この点では、

  • 自分の得意や好きなことで記事を書いていけるのか?
  • そうじゃない場合、興味を持ってその情報を調べて記事にすることができるか?
  • そもそも、そのテーマに需要があるのか?

っていうところが、大事だったりします。

結局のところ、自分の経験則で語ったほうが説得力がありますしね。

 

 

オウンドメディアのジャンル決定が継続のためにも重要

オウンドメディアとブログの違いは、個人色を強く強調するのではなく、ライターさんと一緒にチームで、客観的な情報も含めた情報を発信するところにあると思います。

特化型のブログの、進化版といったところです。

1つのテーマや、明確なペルソナ(読者のイメージ)で人気のあるオウンドメディアを作れたら、そしてPVを集めることができたら、すごく資産的な価値が生まれます!

ただし、「継続」と「ブランディング」が大切です。

特に「継続」については、例えば自分の趣味や資格など専門的な知識のある分野でサイトを作れば、書くことはそんなに難しくないので、結果的に継続ができます。

正統派のやり方であるがゆえに、時間がかかるので「継続」という難易度は高いかもしれません。

 

オウンドメディアと言われる、メディアサイトを「始めてみたいな」と思った方は、どんなものなのか、どうやってやっていくのか、メルマガで作業の裏側を暴露していますので、よかったら登録してくださいね!

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログ基礎

Copyright© 369チャンネル , 2018 All Rights Reserved.