初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

ブログアフィリエイト準備編

ワードプレスの定番プラグインリストとWPCoreで一括インストールする方法

更新日:

この記事では、私のワードプレス新規ブログ立ち上げ時にインストールする定番プラグインリストをご紹介します。



ワードプレス立ち上げ時の定番プラグインリスト

ワードプレス立ち上げ時に、私がほぼ入れているプラグインリストをご紹介します。

結構便利で、外せない感じです。

WPCore

プラグインリストを一括インストールできるプラグイン。
立ち上げ時だけ、使います。

自分でリストを作成したり、キーを伝えることで共有もできます。
サイトにアクセスすると誰かのプラグインコレクションを見ることもできます。

ワードプレス立ち上げの時に大変なのがプラグインの設定。
一つずつインストールして、有効化して、設定して、、って、しんどいし時間の無駄ですよね。

インストールを一括で出来るのは時間の短縮になります。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

言わずと知れたスパム対策プラグイン。
基本インストールされてます。
キーを取得する必要がありますが、一度取ると使い回し可能。

Auto Post Thumbnail

投稿の中の一番最初にある画像をサムネイル画像として勝手に設定してくれます。
時間の短縮!

「設定」>「Auto Post Thumbnail」画面で「Generate Thumbnails」をクリックするだけ。

Check Copy Contents(CCC)

自分の記事がどこかで誰かにコピーされるのを監視してくれる。
通知がきます。

Contact Form 7

「お問い合わせ」>「コンタクトフォーム」からいろいろ設定できます。
設定したフォームのコードを、固定ページのお問い合わせページを作って、コピペすればOKです。

詳しい設定方法は公式サイトを参照

Contact Form 7 使い方(公式サイト)

Drag & Drop Featured Image

アイキャッチ画像をドラッグ&ドロップで設定できます。

Duplicate Post

投稿記事や固定ページを複製できます。
同じような記事を書くときなど便利。

EWWW Image Optimizer

アップロードした画像を圧縮してくれます。
設定のしかたはバズ部のこちらの記事を参考に。

EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方(バズ部)

Google XML Sitemaps

グーグルクローラーへ通知するサイトマップを作成してくれます。
サーチコンソールでも登録が必要。

設定のしかたはバズ部のこちらの記事を参考に。
Google XML Sitemapsの設定方法(バズ部)

Imsanity

アップロードした画像を自動でサイズ変更(リサイズ)してくれます。

投稿記事に複数の大きい画像を使用していれば、表示に時間がかかります。
そういう投稿記事が増えれば容量も増えてしまいます。
だから、画像は最適サイズが良いですが、画像サイズをいちいちパソコンで変更するのは面倒。
このプラグインで解決!

「設定」>「Imsanity」で最大の幅が指定できます。

Login LockDown

例えば、3回ログイン間違えると5分ログインできなくなる、といったセキュリティを高めるものです。

Pixabay Images

記事に画像使うとき、その画像自体はたいして大事じゃないのに探すのに時間かかるってときありますよね。
著作権フリーの画像を検索して挿入できるものです。

Preserve Editor Scroll Position

地味に便利。
記事を書いているとき途中で保存したい。
保存ボタン押すと一番上に戻ってしまうのが通常ですが、これを入れておくと編集位置のままでいてくれます。

PS Auto Sitemap

投稿記事や固定ページを一覧できるページを自動で作成してくれいます。
例えばこのサイトだと、このページのように。
サイトマップ

設定のしかたはバズ部の記事を参照
PS Auto Sitemapの設定方法と使い方(バズ部)

Rich Text Tags, Categories, and Taxonomies

affinger4ではカテゴリページにテキストなど加えることができますね。
このカテゴリページを編集するときにビジュアルエディタが使えるようになるプラグインです。

ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment

ブログカードタグを入れるときにいちいち投稿記事開くのは面倒くさい。
これを入れると投稿記事一覧画面で記事のIDがわかります。

SNS Count Cache

サイト内でSNSボタンのシェア数をカウントするなら。
キャッシュで軽くなります。

Table of Contents Plus

目次を自動で作成するプラグインです。
昨今はページに目次があるとSEO効果あるらしい。

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタの拡張ができます。
affinger4使っている人は必須と言えるでしょう。

「設定」>「TinyMCE Advanced」からエディタで表示したいスタイルやタグなどの書式を選べます。

WebSub/PubSubHubbub

投稿記事の更新をリアルタイムでグーグルに通知してくれます。
有効化するだけです。

WP Multibyte Patch

はじめからインストールされてます。
日本語でワードプレスを使うなら必須です。

 

WPCoreでプラグイン一括インストールする方法

なお、以上のプラグインリストはワードプレス立ち上げた際に、一番初めにプラグイン「WPCore」をインストールして、キー「5VOJIsVkZbepE0uhnaDV」を入れると一括でインストールすることができます。

※随時更新しているため、上記リストと異なる場合があります。

有効化するかどうかはその後設定できますのでとりあえずインストール、っていう風にも使えます。

※このキーにはワードプレスに初めから入っているプラグイン「Akismet」も含まれています。

WPCoreの使い方

 

インストールして有効化すると、ワードプレス管理画面のサイドバーに表示されます。

「Install Plugins」をクリックして、全てを選択し、一括操作から「Install」を適用すればすべてのプラグインリストがインストールできます。

このままだと有効化されていないので、さらに全てを選択して一括操作から「Active」を適用すれば全てのプラグインリストが有効化されます。

これは超便利で時短になります。

 

まとめ

以上が私のワードプレス新規ブログ立ち上げの時にインストールする定番プラグインです。

一括で登録できるプラグイン「WPCore」を活用して時間短縮しましょう。

ここで時間食ってる場合じゃないです!

記事書くのです!

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログアフィリエイト準備編

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.