初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

ブログアフィリエイト準備編

開業届と青色申告を税務署へ提出!必要なものと提出場所は?

更新日:

先日、開業届を提出してきました。

ASPもアドセンスも徐々にですが増えてきたので、

自分の心をシャキッとさせる意味も込めて、提出してきました。

同時に、青色申告承認申請書も出しました。

 

この記事では、開業届と青色申告を税務署へ提出した時の話と、必要なものと提出場所について記録します。



開業届の印刷

国税庁サイトの個人事業の開業届出・廃業届出等手続のページでPDFをダウンロードできます。

>>>個人事業の開業・廃業等届出書(国税庁HP)

 

開業届の書き方

開業届の記入しなければならない箇所は以下です。

右上の箇所

  • 氏名
  • 屋号(あれば)
  • 住所
  • 連絡先
  • マイナンバー
  • 職業(ウェブデザイナー、等)

を記入します。

氏名の横には押印します。

下の箇所

  • 届出の区分・・・開業
  • 所得の種類・・・事業
  • 開業日・・・開業した日
  • 開業に伴う届出の提出の有無
    「青色申告承認申請書」または「青色申告の取り止め届出書」に○

できれば、所得税がかかってくるので控除額を増やして節税したいですよね?

それなら面倒ですが青色申告をすべきです。

開業届と同時に「青色申告承認申請書」を提出しましょう。

期限などあるので詳細は各自お調べください。

  • 消費税に関する「課税事業者選択届出書」または「事業廃止届出書」は無し

一年間の売上が1,000万円に満たない場合は消費税がかからないという優遇がありますが、訳あって「それでも消費税について申告したい!」という場合に提出するものが前者です。

あえて課税事業者になることで有利になるケースが幾つかあるのですが、普通は当てはまりません。

詳細は各自でお調べ下さい。

  • 事業の概要・・・相手が誰でも、すぐにわかるような説明を書きましょう。

 

青色申告承認申請書の印刷

これも国税庁のホームページでPDFをダウンロードできます。

>>>所得税の青色申告承認申請手続

 

青色申告承認申請書の書き方

右上の箇所

同じく、氏名や住所、連絡先、マイナンバーなどを書きます。

下の箇所

はじめに、平成何年度分以降に適用するのか。

また、以下の項目を記入します。

  1. 住所と同じであれば記入は不要
  2. 所得の種類…事業所得
  3. 今までに青色申告承認の取り消しを受けたことor取りやめをしたことの有無…無し
  4. 本年1月16日以降新たに業務を開始した場合、その開始した年月日
  5. 相続でなければ不要
  6. その他参考事項
  7. 簿記方式・・・普通は複式簿記です。
  8. 備え付け帳簿名・・・現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・預金出納帳・総勘定元帳・仕訳帳が一般的だそうなので、そのように記入しました。

→これは私の場合であり、あくまで参考です。

複式簿記で帳簿付け&書類作成も、クラウド会計のフリー等を利用すれば簡単!
確定申告もそう難しくないです。
※本業の方で、ワンマン会社の決算書をフリーで作成していますが、実際簡単です。

記入するのは以上です。

全然難しくないですよ!

 

税務署へ提出する時に必要なもの

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書
  • マイナンバーカード
  • 身分証明書(マイナンバーの確認が通知カードの場合は身分証明書が必要です)

あと、もしかしたらの場合に訂正印として印鑑を持っていくと安心です。

提出場所は、私の場合は居住している場所で事業を行うので、住んでいる市の税務署へ提出しました。

 

今後の目標は!

開業届を出して、少しピリッと心が引き締まりました。

今年中に月10万円発生を目標として、頑張りますよ!

内心、「もっといけたらいいなあ」と思っています。

計画的なものはあるので、地道に頑張ります。

追記(2018.06.01)

この記事を書いたのは2018年2月でしたが、5月には8万円発生いけました。

なので、目標を変えて、今年中に月100万円発生を目標にします!

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログアフィリエイト準備編

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.