初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

雑記

宝塚フォーラム2018参加!子供と宝塚歌劇団の月組公演を鑑賞

更新日:

前回、【子供と宝塚フォーラムに参加!宝塚大劇場のレストラン&ショップ】という記事を書きました。

今回は、宝塚フォーラム参加で、宝塚歌劇団の月組公演を鑑賞した話をシェアしたいと思います。



前回の続きです↓

宝塚フォーラム2018参加!応募方法やチケット倍率は?2019年の参考に!

宝塚大劇場

宝塚バウホールの施設内をずっと奥まで歩いていくと…

宝塚大劇場の入り口に到着します。

ここからはチケットがないと入れません。

ちなみに、幕間はチケットがあれば出入り自由です。

劇場入り口から入ると…

これが、かの有名な、テレビでよく見る階段!

先日テレビ「ブラタモリ」でも出ていました↓

 

階段の左下で、身長が130cm以下の子供用クッションシートが配布されていました。

長女は120cmくらいなのですぐに借りましたよ。

前回の劇団四季では舞台の一部が観れないという状況があったので…!

https://hito369.com/gekidanshiki_kodomo/

 

さて、今回の座席はここです↓

席は抽選だったのですが、S席の中ではだいぶ後ろの方が当たってしまったようです。

残念!!!

多少高くてもSS席だったらだいぶ前の方で見れるので、結構後悔^^;

 

座席の一番後ろ(一階)から見ると、こんな感じです↓

 

今回座ったところから見る舞台は、こんな感じ↓

やっぱりちょっと遠いですね。

舞台の人々の顔の表情までは見ることができない距離でした。

ああ、残念!

せっかく見に行くなら、高額でもSS席がオススメです!

 

ドリンクコーナーなど

大劇場内の2階には、ドリンクコーナーがあります。

長女がすごく興奮していたので、だいぶ写真がブレてます…

宝塚歌劇団のDVDやCDも購入できるみたいですよ!↓

そしてこの、練習風景のビデオが良かった!

すごく見入ってしまいました!

本日の稽古場風景

いやね、これね。

超格好いいですよ。

ビデオだから顔とかよく見えるのですが、みんなカッコイイ…!

踊りもキレがあって、男性的。

もちろん娘役の人たちもキュートでスタイル抜群!

ずーっと、長女とビデオ見ていました。

 

宝塚歌劇団-月組公演

宝塚歌劇団【http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/company/index.html】より引用

今回鑑賞した内容は、月組公演↑です。

内容がすごく説明しづらいので、本家サイトから引用させてください…

ミュージカル・プレイ
『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』
~原作 伊吹 有喜『カンパニー』(新潮社刊)~
脚本・演出/石田 昌也

2017年5月に新潮社から発行された伊吹有喜の小説『カンパニー』を舞台化。愛妻を亡くし生きる意欲を失った製薬会社の青年サラリーマン青柳誠二が、社の協賛公演を行うバレエ団への出向を命じられ、世界的プリンシパル高野悠が踊る冠公演「新解釈版・白鳥の湖」を成功に導くため、一癖も二癖もあるダンサーや業界人に翻弄されながらも、バレエ団のバレリーナ高崎美波との淡い恋や新しい仲間たちとの友情を支えに、様々な困難を乗り越え奮闘する姿を描くハートウォーミングな成長譚。努力・情熱・仲間たち(レッスン・パッション・カンパニー)をテーマとし、個性豊かな登場人物たちがそれぞれに懸命に生きる姿を、新感覚のバック・ステージ・ミュージカルとしてお届け致します。
ショー・テント・タカラヅカ

宝塚歌劇団より引用

『カンパニー』の方は、笑いあり、涙ありの仲間と一緒の成功ストーリーという感じでした。

何と言っても生演奏

長女には、ちょっとセリフや話の内容が難しかったかな・・・という印象です。

コロコロと場面が展開し、結構複雑なストーリーで、369もついていくのが大変でした。

『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
作・演出/上田 久美子

舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー。しかし地球は全大陸禁煙。束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにする。彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!

宝塚歌劇団より引用

『バッディ』の方は、「レビュー」と呼ばれる宝塚定番の後半演目です。

『バッディ』自体は、ユーモアを混ぜた劇でストーリーもそう難しくなくて、子供も見て楽しい内容だったと思います。

何より、男役の皆様が超かっこよくて、マジで惚れそうでした。

ダンスすごい!

演出もギラッギラで華やかでした。

この「レビュー」は最後に宝塚定番の、

全員ぴったり揃った足上げダンスの「ラインダンス」。

そして男性役が大きな階段上で踊る「黒燕尾のダンス」。

最後のフィナーレ、トップ3人のスターさんが背中に大きな羽をつけて階段を降りてくる「パレード」。

を見ることができます!

これぞ宝塚!!っていう感じの舞台です。

「パレード」では、順番に演者が階段を降りてきて挨拶をするのですが、最後のトップスターが出てきた時の歓声はすごかったです。

 

チケットコーナー

話は変わってチケットについてです。

チケットは、ホームページから購入することができますが、宝塚大劇場に入る前の施設内でもチケットを購入することができます。

当日券も買うことができるようで、この日も列ができていました。

空き状況が確認出来る画面も↓

平日は○(まだ空有席あり)が多かったので、都合さえつけば、気軽に行ける感じもしました。

ちなみに「宝塚友の会」に入ると、チケット会員先行販売や割引、会員限定イベントの参加など特典があるようです。

そういえば、「宝塚南」の駅から劇場へ向かう時に、出待ちの人たちが結構いました。

あれだけ格好良かったら、ファンになる気持ちもわかります。

きっとみんな友の会に入っているんだろうな…!

 

お土産

お土産は、ショップも商品もたくさんあって目移りしてしまっていたのですが、宝塚人形焼にしました。

目の前で焼いているんですよ!

演目をイメージした商品や、スターの顔が印刷されたアメ缶などたくさん販売されていたのですが…

なんせ初めての公演なので、スターのグッズとかはちょっとよくわからなくて…

これだけ↓買いました。

帰宅後、長女が興奮冷めやらぬ感じで4つぐらい一気に食べていたので止めました。

味は、普通です!

 

まとめ

今回は、初めて&子連れの宝塚公演鑑賞でした。

申し込んで、体験してよかった!と思います。

せっかく関西に移り住んで、割と近くに住んでいるし「宝塚歌劇団観てみたいな〜」って思いながら、なんにも行動に移してなかったんです。

今回の宝塚フォーラムがいいきっかけになりました。

何事も経験ですよね!

長女は今バレエを習っているので、こういう演劇や舞台を見せてあげたいという思いもありました。

イメージできるかな?って。

ただ、もしお子さんを連れて行くなら6歳くらい〜がいいかなと思います。

後半の「レビュー」は大丈夫と思いますが、劇の内容によっては前半の劇のお話が難しいかもしれません…。

劇自体も、幕間を入れて3時間と長丁場なので、お子さんの年齢が低い、と飽きるというか、そわそわしちゃうかも。

長女もそわそわしている時がありました^^;

もし「どんなもんか観てみたい!」という場合は、だいぶ後ろの方になりますが一番安い席で2,000円なので、そう敷居は高くないです。

後ろの席でも、雰囲気を味わうだけでもいい経験になるかも!

オペラグラスは必須です!

あ、そうそう!

兵庫県マスコットの「はばタン」が遊びに来ていました。

結構積極的にギュ〜とかしてくる感じだったので、長女、興味ありながらも遠目で見ていました。

来年も宝塚フォーラム開催するらしいので、また応募したいな〜と思います^^

前編はこちら↓
https://hito369.com/takarazuka-restaurant/

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-雑記

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.