初心者さん向けブログアフィリエイトの始め方

369のブログアフィリ

ブログアフィリエイト準備編 ワードプレス

ワードプレスブログ作り方の総まとめ@エックスサーバとwing(affinger5)

更新日:

ワードプレスで新規ブログをガシガシ立ち上げている時のための手順を、自分のためにもステップを記録します。

前提として、テーマは「wing(affinger5)」、サーバは「エックスサーバ」です。

随時加筆修正してます。



1ドメインの取得

オススメのドメイン管理会社はお名前.com

セールとか色々やっているのでタイミングによってはお安く取得できます。


レンタルサーバのXサーバが管理するエックスドメインもいいと思います。

Xサーバ契約中ならサクッと出来てスピーディです。

 

レンタルサーバを用意

まだレンタルサーバを用意していない人は、申し込みをします。

レンタルサーバは安いところから高いところまでピンキリですが、機能&安心はこの2選が超絶お勧めです。

アフィリエイトにおすすめのサーバーはこれ!圧倒的な安心感とスペックの2選

 

サーバにドメイン登録&ネームサーバ設定

各サーバで設定の方法がありますので、公式サイトを見たりググったりしてください。

エックスサーバの場合は以下のエックスサーバ公式マニュアルを見ながらやればできます。

ドメイン新規取得手順 (エックスサーバ公式マニュアル)

ネームサーバーの設定(エックスサーバ公式マニュアル)

ドメイン設定(エックスサーバ公式マニュアル)

 

ワードプレスのインストール

以下全てエックスサーバの場合です。

エックスサーバではドメイン登録&ネームサーバ設定がサーバ側で未完了でもできます。

1、インストール

IDとPASS、サイトタイトルとキャッチコピーを記入して自動インストール

WordPress 自動インストール手順(エックスサーバ公式マニュアル)

 

https化(独自SSL設定)

昨今のウェブサイトは独自SSLによるhttps化が普通になってきました。
グーグル検索結果SEOにも影響があります。

無料なのでサクッとやっておきましょう。
この作業はサーバパネルとワードプレス側だけの設定で完了します。

[1]サーバパネル「SSL設定」からhttps化したいドメインを選択して独自SSLの申込みをする

サーバパネルのサイトバーにある「SSL設定」をクリック。

SSLを設定するドメインを選択して、

「※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。」
とあります。

「SSL設定一覧」タブに表示されていれば設定完了とマニュアルに書いてあって、3分もかからず一覧に反映されたので「はやーい」と思って次のステップに行ったのですが・・・。

無効なURLです」が出て焦りました。

ウェブ上に表示されるにはやはり1時間くらいかかるみたいです。
私は20分かかりましたよ。

サイトをhttpsにしてウェブ上で表示されれば設定完了と言えます。

初心者の方は一歩一歩確実に踏んでいきましょう!
「https://~」のURLへ正常にアクセスできるまで、一旦作業はストップ。
待ちましょう。我慢です。最大で1時間です。

※SSLサーバー証明書には有効期限があります。
でもエックスサーバの無料独自SSLならSSLサーバー証明書の有効期限を自動更新してくれます。

そして、これだけではサイト全体のhttps化はできていませんので、次のステップへ。

 

2、ワードプレス管理画面で一般設定を変更

WordPressの管理画面に入り、「設定」→「一般」から

※設定変更した後に「https〜」のアドレスになるため再度ログインが必要になります。
「あれ?ユーザ名とパスワードなんだっけ?」ってなると無駄な時間がかかるので事前にメモ帳などに記録しておくか、しましょう。

一般設定の以下の2箇所のURL「http」を両方とも「https」に変更します。
「WordPress アドレス (URL)」
「サイトアドレス (URL)」

URLに「s」を追加するだけですが、大文字と小文字を間違えたり、追加する場所を間違えたりしないようにしてください。

その凡ミスで数時間取られる可能性も・・・(体験済み)

あちゃ〜やっちゃった!って場合はググってください。

体験談と対処法がたくさん出てきます。

 

3、Webサイトの常時https化(常時SSL化)

最後に、サイト全体が自動的に「https://~」のURLへ転送される設定が必要です。

Webサイトの常時SSL化(エックスサーバ公式マニュアル)

エックスサーバのコントロールパネルから「.htaccess編集」を開き、以下の記述を追加します。
私は先頭に追加しました。

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifmodule>

更新後、「http://~」のURLでアクセスした際、自動的に「https://~」のURLへ転送されていれば設定完了です。

【.htaccessとは?】
Webサーバーの動きをこのファイル一つで設定できてしまう初心者にはちょっと怖いファイルです。

ディレクトリ毎に、アクセス制限やユーザー認証など設定できます。

下手に触るとウェブサイトが正常に表示されなくなったりして焦りますので、ご注意ください。

なお、エックスサーバはサーバーパネルから、ドメイン単位で.htaccessの編集ができます。
これはちょっと安心な機能ですよ。

初心者でも、マニュアル通りにやれば大丈夫です。

テーマの設定

ワードプレス管理画面の「外観」>「テーマ」>「テーマのアップロード」からzipファイルごとアップロードします。

ワードプレスのテーマは無料のものもたくさんウェブ上にあるので、初めは無料のものを使って良いと思います。

私は、初めは無料のテーマを使っていましたが、途中から有料テーマに変えました。

14,800円のwing(affinger5)です。

めちゃくちゃ気に入ってます。

wing(affinger5)は検索も強くて、初心者でもデザインを簡単にいじれるので超絶オススメです。

愛用中です。

 

ワードプレスでは、使用するテーマを親テーマとしてインストールし、カスタマイズ用に子テーマをインストールします。

子テーマは自分でも作れるし、テーマによっては無料配布の子テーマもあります。

上記で紹介したwing(affinger5)は無料配布の子テーマがあるので初心者でも大丈夫です。

ワードプレスの親テーマ・子テーマ、などはネットでググればたくさんの情報が出てきますので、調べてみましょう!

 

プラグインインストール有効化と設定

ワードプレスには便利なプラグインがたくさんありますよね。

私は大体使うものが決まっているので、「WPCore」で一括インストールして、個別に有効化と設定をしてます。

ワードプレスプラグインの定番リストは追記しますね。

 

グーグル関係の設定

アナリティクス

グーグル関係の登録は
アナリティクス→コンソール→アドセンスの順番で登録するとスムーズです。

1、アナリティクス
アナリティクス管理画面から、一つのウェブサイトを<通常用>と<amp用>の2つのプロパティで登録。
(設定する中身は一緒)

なんで2つ必要か?は、kanamiiさんの記事を参照しました。

【AMPページ】アナリティクスのトラッキングコードは別々がいいの?~プロパティの作成方法~

ワードプレスのwing(affinger5)設定画面で「アナリティクスコード」「アナリティクスコード( AMP用)」にコードを入力して保存。

サーチコンソール

まだ登録していない場合は、「グーグルサーチコンソール」で検索すれば出てきます。

コンソール管理画面から新しいサイトのURLを登録。

一つのサイトで「https://〜」と「http://〜」、「https://www.〜」と「http://www.〜」の4種類のURLを登録する必要があります。

メインである「https://〜」の登録をするとき、所有権の確認画面では、事前に登録しておいたアナリティクスアカウントから簡単に確認ができます。

でも!ちょっと待ってね。

「別の方法」タブから、「HTMLタグ」の黄色の部分をコピーしておいてください。

affinger5管理画面のGoogle設定の部分に記入しなければいけませんので。

もし、間違えてアナリティクスで所有権確認しちゃったときは、Search Console のホームから、該当する「既存のプロパティ」の横にある [プロパティの管理] > [このプロパティを確認] をクリックします。

プロパティ一覧の対象のURL右にある「プロパティの管理」>「ユーザーを追加/削除」>ユーザーとプロパティ所有者>プロパティ所有者の管理>別の方法で確認する。

からwing(affinger5)に入れるべきHTMLタグを参照できます。
ここを参照したからといって所有権の確認の設定が消えてしまうものではないです。
見るだけです。

サイトマップをグーグルに送信

事前にインストール有効化してあるプラグイン「XML Sitemap」の設定をまずは行います。

バズ部の記事を参考にしました。
Google XML Sitemapsの設定方法

ワードプレス管理画面の「設定」>「XML Sitemap」のページを見ると、まだ通知されてませんと出ます。

 

そしてグーグルサーチコンソールの該当するプロパティを見てみると、「サイトマップがありません」と出ますね。

私はいつも、サイト立ち上げ時に手動でここにサイトマップを送信しています。

この「サイトマップがありません」をクリックして

「サイトマップの追加」をします。
入力欄には、「XML Sitemap」を使っているなら「sitemap.xml」を入れればOKです。

その他、ダッシュボードやメールで通知される「https://●●●.com/ の検索パフォーマンスを改善できます」といったアドバイスをもらえますので、指示に従って設定するといいと思います。

 

アドセンス

アドセンスの広告を貼りたい場合は、設定をします。

すみません、ちょっと気力がないので、後日追記する・・・かも・・・。

 

メールアカウントの設定

エックスサーバの場合ですが、サーバパネルからメールアカウントの設定が簡単にできます。

メールアカウントの設定

メールアカウントの設定(エックスサーバ公式マニュアル)

ウェブメールを使う場合は、作成したアカウントで改めてサーバパネルにログインが必要です。

私はこれは面倒なので、メインで使っているグーグルメールに転送設定しています。

グーグルメールに受信&送信できるようにする設定

メールソフトの設定ーGmail(エックスサーバ公式マニュアル)

いくつもサイトを持つ場合など、メールアドレスを一元管理できて便利です。

時短です。

SNS関係のアカウント作成とワードプレス連携

ツイッターアカウント

ツイッターサイトからアカウント作成します。

ワードプレスの更新と同時につぶやく設定ができますから、自分で呟かなくてもフォロワーが集められます。
(コンテンツによるけど)

369のツイッターのアカウントもフォローしてね^^

このブログの更新情報が届きます。

たまにつぶやいてます。

369のツイッターアカウントはこちら!

で、ツイッタープロフィールのウェブサイトのところに自分のサイトURLを入れます。

ワードプレス管理画面のwing(affinger5)管理画面の「SNS」のTwitterのところにIDを入れます。

これだけで、wing(affinger5)のツイッターカードの設定は終了!

wing(affinger5)は超簡単です。本当にこのテンプレおすすめ。

WING(AFFINGER5版)の詳細はこちら

ワードプレスの更新と同時に更新情報ツイート設定

一番簡単な方法として、JET Packを使います。

この方法ならFacebookページやGoogleプラスページも同じく、ワードプレスの更新と同時に投稿できるようになります。

これもkanamiiさんのページを参考に。

WordPressとFacebook・Twitterを連携して更新情報を簡単に自動投稿する方法

 

ワードプレスのサイドバーに表示

これもkanamiiさんのページを参考に。
すごい丁寧。
いろいろ参考になります。

サイドバーへのTwitter埋め込みタイムラインウィジェットとフォローボタンの設置方法

 

アフィリエイト関係設定

大手ショッピングサイト系ASP

  • 楽天
  • amazonアソシエイト

独立ASP

初めての人は、まずはこの2つに登録すると良いと思います。

A8ネット

A8.netのアフィリエイト登録ページはこちら

アフィb

カンファレンスバナー

afbのアフィリエイト登録ページはこちら

 

テーマカラーやウィジェット等のデザイン

これは、wingの場合ですが、無料配布子テーマの自動上書きを解除してからカスタマイザーでデザインします。

ヘッダーとロゴとアイコンは15分くらいで作って、管理画面の「外観」から作業すればデザイン完了です。

ドメイン設定が完了していれば、後の作業は4時間もあれば記事を書くステップまでできます。

特別cssなどいじってません。

もしデザインに凝りたくても、後回し!!

ウェブサイトは中身が大事です!

無料テーマでも、そこそこ小綺麗で古臭くないデザインになってますから、まずはガシガシ記事書きましょう。

 

Recommend Posts・Ad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログアフィリエイト準備編, ワードプレス

Copyright© 369のブログアフィリ , 2018 All Rights Reserved.